投稿記事の日時を表示するWordPressテンプレートタグthe_time()

初心者向けワードプレス作成方法とネットビジネスネタのメモサイト

MovableTypeを凌ぐ無料ブログツールWordPressの基本操作、カスタマイズ方法、プラグインなどの情報を提供

投稿記事の日時を表示する<?php the_time(); ?>

2007-12-09

投稿記事の日時を表示するテンプレートタグが<?php the_time(); ?>です。
ループ内で使用します。
続きを読む・・・

投稿記事の日付を表示する<?php the_date(); ?>

2007-11-30

WordPressで投稿記事の日付を表示するテンプレートタグが
<?php the_date(); ?>
です。
ループ内で使用します。
続きを読む・・・

投稿記事の内容を表示する<?php the_content(); ?>

2007-11-28

投稿記事の内容を表示するテンプレートタグが
<?php the_content(); ?>
です。
ループ内で使用します。
続きを読む・・・

投稿記事のURLを表示する<?php the_permalink(); ?>

2007-11-27

WordPressで投稿記事のURLを表示するテンプレートタグが
<?php the_permalink(); ?>
です。
ループ内で使用します。
URLが表示されるだけなので、通常はリンクタグのURLとして挿入し、タイトル名表示テンプレートタグと一緒に使用します。
続きを読む・・・

記事タイトルを表示する<?php the_title(); ?>

2007-11-26

投稿記事のタイトルを表示するテンプレートタグが<?php the_title(); ?>です。
ループタグ内で利用します。


<?php if(have_posts()):while(have_posts()):the_post(); ?>
 <?php the_title(); ?>
<?php endwhile;endif; ?>

全ての投稿記事タイトルが表示されます。
これをリスト形式で表示したいとき、ul,liのリストタグを合わせて使用します。


<ul>
 <?php if(have_posts()):while(have_posts()):the_post(); ?>
  <li><?php the_title(); ?></li>
 <?php endwhile;endif; ?>
</ul>

このテンプレートタグは、
<?php the_title(‘タイトルの前に挿入する文字列’,’タイトルの後に挿入する文字列’); ?>
というパラメータを設定することが可能です。
リスト表示したいときは下記のように記述しても同じ結果になります。


<ul>
 <?php if(have_posts()):while(have_posts()):the_post(); ?>
  <?php the_title('<li>','</li>'); ?>
 <?php endwhile;endif; ?>
</ul>

WordPressの投稿日時を設定する

2007-10-29

投稿した記事の投稿日時を設定します。
必要に応じ、投稿日時を過去や将来に設定します。

将来日時の場合、その日時になるまで表示されませんので、事前に記事を書いておくことが可能です。

コントロール画面の「投稿」-「記事投稿」を開きます。

WordPress記事投稿画面

右下の「タイムスタンプ」欄に投稿したい日時を設定します。

タイムスタンプ設定

日時を設定すると、自動的に「タイムスタンプを編集」にチェックが入ります。

「公開」をクリックすると、設定終了です。

投稿記事にパスワードを設定する

2007-10-28

記事ごとにパスワードを設定することができます。

コントロール画面の「投稿」-「記事投稿」を開きます。

WordPress記事投稿画面

「この記事のパスワード」に設定するパスワード(ここでは、「wordpess」)を入力し、「公開」または「保存」をクリックします。

サイトを確認すると、パスワード入力画面になっています。

パスワード画面

パスワード(ここでは、「wordpess」)を入力すると、記事が表示されます。

投稿記事

記事に追記を記述する

2007-10-27

投稿記事に追記を記述することが可能です。

コントロール画面の「投稿」-「記事投稿」を開きます。

※すでに投稿している記事に追記を記述したいときは、「管理」-「投稿」から対象となる記事の編集をします。

追記設定画面

「Split post wiht More tag」をクリックすると、水平破線が表示されるので、その下から追記を記述します。

※投稿内容入力エリアが「コード」の場合は、「more」をクリックします。

入力後、「公開」をクリックします。

実際にサイトを確認すると、カテゴリーページや日別ページでは、「(more・・・)」というリンクが表示されて、記事の内容は表示されません。

WordPress追記画面

シングルページには、追記の内容が表示されます。

WordPress追記画面

WordPressの投稿設定をする

2007-10-15

コントロール画面の「各種設定」-「投稿設定」を開きます。

WordPress投稿設定画面

まず、記事を投稿するときの画面設定です。

・記事投稿用テキストエリアのサイズ
 記事を投稿するときの入力エリアサイズを行指定できます。

・フォーマットオプション
 初期設定のままで問題ないありません。

・デフォルトカテゴリー
 記事を投稿するときのデフォルトカテゴリーを設定できます。

次は、メールからの投稿を利用したいときに使います。
メールサーバーの情報と、メールで投稿したときのデフォルトカテゴリーを設定します。

最後は、記事のping通知設定です。

更新通知をするサイトのURLを入力すると、投稿時に送信されます。
※「各種設定」-「ディスカッション設定」での設定が必要です。

参考までに主なサイトへのURLを紹介しておきますが、参考程度に見てください。ご自分で調べることをおすすめします。

Yahoo!ブログ検索  http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
Google ブログ検索  http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
ドリコムRSS  http://rss.drecom.jp/
PING.BLOGGERS.JP  http://ping.bloggers.jp/rpc/
BlogPeople  http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
goo BLOG  http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
Technorati JAPAN  http://rpc.technorati.jp/rpc/ping

投稿した記事を編集する

2007-10-05

投稿した記事を書き直したい、削除したいときは、「管理」-「投稿」画面を開いてください。

WordPress記事管理画面

編集したいときは、投稿した記事の右側に表示されている「編集」をクリックします。

WordPress記事投稿画面
記事投稿画面になりますので、編集したら「公開」をクリックすると反映されます。

また削除したいときは、「削除」をクリックします。

あらかじめ、「Welcome to WordPress」という記事が投稿されているので、削除してみてください。

-スポンサーサイト-

HOME » 投稿
Google