初めての方にもWordPressをわかりやすく説明

初心者向けワードプレス作成方法とネットビジネスネタのメモサイト

MovableTypeを凌ぐ無料ブログツールWordPressの基本操作、カスタマイズ方法、プラグインなどの情報を提供

コメントを一括で許可しないにする方法

2012-09-15

すでに投稿した記事のコメント欄をすべて非表示にする方法です。

まずは、「投稿」-「投稿一覧」を開きます。

非表示にしたい投稿にチェックを入れ、
「一括操作」を「編集」に変更し、「適用」をクリックします。

「コメント」の「-変更なし-」を「許可しない」にして、「更新」を押すと反映します。

一番早いのは、ソースからコメント投稿の部分を削除することですね。

WordPressの投稿日時を設定する

2007-10-29

投稿した記事の投稿日時を設定します。
必要に応じ、投稿日時を過去や将来に設定します。

将来日時の場合、その日時になるまで表示されませんので、事前に記事を書いておくことが可能です。

コントロール画面の「投稿」-「記事投稿」を開きます。

WordPress記事投稿画面

右下の「タイムスタンプ」欄に投稿したい日時を設定します。

タイムスタンプ設定

日時を設定すると、自動的に「タイムスタンプを編集」にチェックが入ります。

「公開」をクリックすると、設定終了です。

投稿記事にパスワードを設定する

2007-10-28

記事ごとにパスワードを設定することができます。

コントロール画面の「投稿」-「記事投稿」を開きます。

WordPress記事投稿画面

「この記事のパスワード」に設定するパスワード(ここでは、「wordpess」)を入力し、「公開」または「保存」をクリックします。

サイトを確認すると、パスワード入力画面になっています。

パスワード画面

パスワード(ここでは、「wordpess」)を入力すると、記事が表示されます。

投稿記事

記事に追記を記述する

2007-10-27

投稿記事に追記を記述することが可能です。

コントロール画面の「投稿」-「記事投稿」を開きます。

※すでに投稿している記事に追記を記述したいときは、「管理」-「投稿」から対象となる記事の編集をします。

追記設定画面

「Split post wiht More tag」をクリックすると、水平破線が表示されるので、その下から追記を記述します。

※投稿内容入力エリアが「コード」の場合は、「more」をクリックします。

入力後、「公開」をクリックします。

実際にサイトを確認すると、カテゴリーページや日別ページでは、「(more・・・)」というリンクが表示されて、記事の内容は表示されません。

WordPress追記画面

シングルページには、追記の内容が表示されます。

WordPress追記画面

ビジュアルリッチエディタとソースエディタによる編集

2007-10-08

WordPressの記事投稿には、ビジュアルリッチエディタが装備されていて、WYSIWYG(ウィジウィグ)編集ができるため、HTMLやXHTMLを知らなくても記事を編集できます。

WYSIWYGとは、「What You See Is What You Get」 (直訳すると「あなたが見るものはあなたが得るもの」)の頭文字をとったものです。

実際に記事を入力し、編集します。

リッチエディタ入力

太字にしたり、箇条書きにしたりできます。次に「コード」をクリックします。

コード画面

HTMLタグで記入されています。

ビジュアルリッチエディタは便利ですが、編集範囲が限られているので、利用しない設定にすることができます。

「ユーザー」-「プロフィール」画面を開き、「投稿時にビジュアルエディタを使用する」のチェックをはずし、「プロフィールを更新」をクリックします。

ビジュアルリッチエディタをはずす

「投稿」-「記事投稿」画面ではずれたことが確認できます。
ビジュアルリッチエディタなし

記事に画像をアップロードする

2007-10-07

WordPressで記事に画像をアップする方法です。

はじめて画像をアップするときは、「wp-content」ディレクトリの属性を「757」に 変更してください。

コントロール画面の「投稿」-「記事投稿」を開いてください。

テキスト入力画面したの、「アップロード」で「参照」をクリックし、アップしたい画像を選択してください。

タイトルも記入しましょう。この部分が、altタグに反映します。
画像アップロード

「アップロード」をクリックすると反映されます。

画像アップロード完了
「表示」はそのままのサイズにしたいときは「フルサイズ」を、縮小サイズにしたいときは「サムネイル」を選択してください。

「リンク先」は基本は「なし」でいいと思いますが、必要に応じ変更してください。

次に記事への挿入ですが、そのまま「エディタに挿入」をクリックしてしまうと、先頭に画像が反映されます。

文章の間に画像を挿入したいときは、「投稿内容」で画像を挿入したいところをクリックしてから、「エディタに挿入」をクリックしましょう。

画像エディタ挿入

反映されました。

画像エディタ挿入完了

「公開」をクリックすれば、投稿完了です。

サイトに反映されています。

ホームページ反映

最後に、はじめに変更した「wp-content」の属性をもとにもどしてください。

2回目からは、属性変更しなくても画像をアップロードできます。

WordPressのカテゴリーを追加する

2007-10-06

記事をわかりやすく整理するために、カテゴリーを追加します。

記事投稿画面から追加する場合

「投稿」-「記事投稿画面」の右上にある「カテゴリー」から追加できます。

ここでは「WordPress」と入力します。

記事投稿画面カテゴリー追加

「追加」をクリックすると反映します。

投稿画面カテゴリー追加完了

管理画面から追加する場合

「管理」-「カテゴリー」画面を開きます。
管理カテゴリー画面

「カテゴリーの追加」から登録します。

カテゴリー追加
・カテゴリースラッグ・・・URL表記で利用されることがあります。入力しなくてもかまいません。

・親カテゴリー・・・カテゴリーを階層で管理したいときに設定します。

・概要・・・概要説明を入力したいときに利用します。入力しなくてもかまいせん。

入力したら「カテゴリーを編集>>」をクリックしてください。
カテゴリー追加確認

カテゴリーが追加されました。

投稿した記事を編集する

2007-10-05

投稿した記事を書き直したい、削除したいときは、「管理」-「投稿」画面を開いてください。

WordPress記事管理画面

編集したいときは、投稿した記事の右側に表示されている「編集」をクリックします。

WordPress記事投稿画面
記事投稿画面になりますので、編集したら「公開」をクリックすると反映されます。

また削除したいときは、「削除」をクリックします。

あらかじめ、「Welcome to WordPress」という記事が投稿されているので、削除してみてください。

WordPressで記事を投稿する

2007-10-04

WordPressで記事を実際に投稿します。

コントロール画面の、「投稿」-「記事投稿」画面を開きます。

WordPress記事投稿画面

「タイトル」と「投稿内容」に入力し、「公開」をクリックします。
記事投稿完了画面

保存されましたのを確認し、「投稿内容を表示>>」をクリックします。
WordPress記事公開画面

記事が反映されているか見れます。

-スポンサーサイト-

Google