カスタムフィールド値を取得するWordPerss関数

初心者向けワードプレス作成方法とネットビジネスネタのメモサイト

MovableTypeを凌ぐ無料ブログツールWordPressの基本操作、カスタマイズ方法、プラグインなどの情報を提供

カスタムフィールドの値を取得する関数

2008-02-03

WordPerssでカスタムフィールドの値を取得する関数が、
get_post_meta()
です。
投稿記事以外の場所に、ひとこと挿入したいときに利用できます。
PHP形式で出力されます。

この関数はパラメータ挿入ができます。

get_post_meta(①,②,③);

①metaデータが属する記事idを指定する
 通常は、$post->ID を使って記事のidを取得

②キーの文字列を指定

③配列の返し方
  TRUE   ・・・ 配列の最初を1つの文字列として返す 
  FALSE  ・・・ 配列として返す

たとえば、その記事のカスタムフィールドのキー「wordpress」の値を表示したいときは、次のように記述します。

<?php echo get_post_meta($post->ID,wordpress,TRUE); ?>

配列で出力したいときは、foreach関数を利用するといいでしょう。

  タグ: ,

-スポンサーサイト-


コメント

コメントはございません。

コメントを投稿する

-スポンサーサイト-

HOME » WordPressカスタマイズ編 » テンプレートタグ » カスタムフィールドの値を取得する関数
Google