記事投稿、ページ欄で、PHP構文が使えるWordPressプラグイン「Exec-PHP」

初心者向けワードプレス作成方法とネットビジネスネタのメモサイト

MovableTypeを凌ぐ無料ブログツールWordPressの基本操作、カスタマイズ方法、プラグインなどの情報を提供

投稿欄でPHP構文が使えるプラグイン

2008-01-21

WordPressの記事投稿、ページ欄で、<?php bloginfo(‘url’); ?>などのPHP構文が使えるプラグインが「Exec-PHP」です。
このプラグインを利用すると、別ファイルをPHPで書いて、インクルードするなどの面倒なことがなくなります。

まず、「Exec-PHP」からダウンロードし、解凍します。

解凍したファイル「exec-php」を「wp-content / plugins」に転送します。

WordPressコントロール画面の「プラグイン」-「プラグイン」で「Exec-PHP」を有効化すると、「各種設定」-「Exec-PHP」から設定できますが、特に設定することはないです。

ただ、このプラグインは、ビジュアルエディタを解除しないと利用できないので、「ユーザー」-「プロフィール」画面で、「投稿時にビジュアルエディタを使用する」のチェックをはずしてください。

あとは、投稿欄で、挿入したいところにPHP構文を記述すると使えます。

  タグ: ,

-スポンサーサイト-


コメント

コメントはございません。

コメントを投稿する

-スポンサーサイト-

HOME » WordPressカスタマイズ編 » プラグイン » 投稿欄でPHP構文が使えるプラグイン
Google