初めての方にもWordPressをわかりやすく説明

初心者向けワードプレス作成方法とネットビジネスネタのメモサイト

MovableTypeを凌ぐ無料ブログツールWordPressの基本操作、カスタマイズ方法、プラグインなどの情報を提供

繰り返し表示するときに利用するループタグ

2007-11-25

記事タイトル、記事内容など繰り返し表示するときに、ループタグを利用します。


<?php if(have_posts()):while(have_posts()):the_post(); ?>
~
<?php endwhile;endif; ?>

このタグは、「投稿記事があれば」「繰り返し表示する」という2つの命令文で構成されています。


<?php if(have_posts()): ?>
  <?php while(have_posts()):the_post(); ?>
  ~
  <?php endwhile; ?>
<?php endif; ?>

どちらを利用しても同じ結果になります。

ほかに、「投稿記事があればA、なければB」と命令することもできます。


<?php if(have_posts()):while(have_posts()):the_post(); ?>
A
<?php endwhile;else: ?>
B
<?php endif; ?>

たとえば、Aは記事タイトルを表示する、Bは「記事がありません」と表示する、などの命令文を記述して利用します。
これは以下のように記述しても同じです。


<?php if(have_posts()): ?>
  <?php while(have_posts()):the_post(); ?>
  A
  <?php endwhile; ?>
  <?php else: ?>
  B
<?php endif; ?>

ちなみに、このループタグ<?php if(have_posts()):while~ ?>は次のように記述しても同じ結果になります。


<?php if($posts):foreach($posts as $post):setup_postdata($post); ?>
~
<?php endforeach;endif; ?>

  タグ: ,

-スポンサーサイト-


コメント

コメントはございません。

コメントを投稿する

-スポンサーサイト-

HOME » WordPressカスタマイズ編 » テンプレートタグ » 繰り返し表示するときに利用するループタグ
Google