初めての方にもWordPressをわかりやすく説明

初心者向けワードプレス作成方法とネットビジネスネタのメモサイト

MovableTypeを凌ぐ無料ブログツールWordPressの基本操作、カスタマイズ方法、プラグインなどの情報を提供

WordPressオリジナルテーマ作成時に最初に行う設定

2007-11-20

オリジナルテーマを作成するときに最初に行う設定について説明します。

まず、「wp-content / themes」に新しいテンプレートファイルを保存するフォルダー(ここでは「Dog」)を作成します。

つぎに、スタイルシートファイル「style.css」を作成します。
一番最初に、オリジナルテーマの情報を記述します。

Theme Name: テーマ名(必須)

Theme URI: テーマ作成者のURL

Description: テーマの説明

Author: テーマ著作者

この情報を必ず「/* ~ */」で囲みます。

テーマ名など日本語も記述できますが、WordPressインストール時に設定したエンコード(UTF-8など)で、「style.css」を保存しなければ文字化けします。

また、「@import」で外部CSSを取り込むことも可能です。相対パスで大丈夫です。

ちなみに、デフォルトテーマ「EasyAll」のスタイルシートは以下のように記述されています。


/*
Theme Name: EasyAll
Theme URI: http://phpbb.xwd.jp/viewforum.php?f=20
Description: This theme uses it to test for ME. based on the famous <a href="http://www.northern-web-coders.de/">Northern-Web-Coders</a>
Version: 1.1
Author: WordPress Japan
Author URI: http://wordpress.xwd.jp/
*/

つぎに、空の「index.php」ファイルを作成し「style.css」と一緒に、「Dog」フォルダーへ転送します。

コントロール画面「表示」-「テーマ」を開くと、オリジナルテーマが表示されます。

WordPressオリジナルテーマ設定画面

この画面で他のテーマのように画像表示したいときは、300×225ピクセルのサイズで「screenshot.jpg」名で画像を「Dog」フォルダーに転送すると表示されます。

WordPressオリジナルテーマ設定画面

  タグ:

-スポンサーサイト-


コメント

コメントはございません。

コメントを投稿する

-スポンサーサイト-

HOME » WordPressカスタマイズ編 » テーマ » WordPressオリジナルテーマ作成時に最初に行う設定
Google