仮想移動体サービス事業者MVNO

初心者向けワードプレス作成方法とネットビジネスネタのメモサイト

MovableTypeを凌ぐ無料ブログツールWordPressの基本操作、カスタマイズ方法、プラグインなどの情報を提供

MVNO(エム・ブイ・エヌ・オー)とは?

2007-11-13

Mobile Virtual Network Operatorの略で、日本語で言うと「仮想移動体サービス事業者」のこと。

携帯電話などのモバイル通信インフラを持っているNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクなどの事業者から、通信インフラを貸してもらい、独自のサービスを提供する事業者を指します。

通常、モバイル通信インフラを構築するには国の許可が必要で、どんな企業でも参入することはできません。
また仮に参入できたとしても、膨大な費用がかかりますが、借り賃を払えばモバイル通信サービスを提供することが可能になります。
ソフトバンクの孫社長も、サービスできていないエリアについては、KDDIから貸してもらうことも検討すると発言していました。

それ以外にも、例えば、今までデータ通信も、パソコンの世界では当たり前だったプロバイダーがMVNOとなれば、選択肢がかなり広がります。

コンテンツビジネスも携帯電話会社(キャリア)のほぼ独占状態でしたが、これも色々な企業が参加できるようになるでしょう。

ウォルト・ディズニーが、携帯電話大手ソフトバンクモバイルの通信網を借りて、来春にも日本の携帯電話事業に参入することが決まったそうです。
ディズニーは、ソフトバンクとオリジナルの携帯電話機を開発し、コンテンツビジネスを充実させていくとのこと。

高速なデータ通信が行えれば、電話もIP電話にすることもできますし、携帯電話会社の優位性はどんどん無くなっていきそうです。

  タグ:

-スポンサーサイト-


コメント

コメントはございません。

コメントを投稿する

-スポンサーサイト-

HOME » Business » キーワード » MVNO(エム・ブイ・エヌ・オー)とは?
Google