初めての方にもWordPressをわかりやすく説明

初心者向けワードプレス作成方法とネットビジネスネタのメモサイト

MovableTypeを凌ぐ無料ブログツールWordPressの基本操作、カスタマイズ方法、プラグインなどの情報を提供

データベースバックアッププラグイン「WP-DBManager 2.20」を設定する

2007-11-11

WordPressは投稿記事などMySQLに保存されていますが、「WP-DBManager 2.20」はデータバックアップを自動的に行ってくれるプラグインです。

メールで送信もしてくれるので、MySQLデータが無くなっても楽に復旧することができます。

WP-DBManager 2.20から、「WP-DBManager 2.20 For WordPress 2.1.x And Above」をダウンロードします。
※使用しているWordPressのバージョンによってダウンロードするファイルを変更してください。

解凍し、「wp-dbmanager220」の中にある「dbmanager」フォルダーを「wp-content / plugins」に転送します。

WP-DBManagerを有効化すると、「wp-content」に「backup-db」フォルダーが自動的に作成されます。

されないときは、手動で「wp-content」に「backup-db」フォルダー作成してください。
このとき属性を「777」にし、添付されている「.htaccess」をアップしてください。

※自動で作成された「backup-db」フォルダーは読み取り専用になっていて「.htaccess」ファイルをアップできなかったので、わたしは自分で作りました。

コントロール画面に「Database」メニューが出てくるのでクリックします。

「Backup DB」を開き、一番下の「Backup」をクリックするとバックアップファイルが作成されます。

WP-DBManager

「DB Options」 で自動設定やメール送信の設定ができます。

日本語化したファイルを作成しました。
「dbmanager」フォルダーに転送してください。

wp-dbmanager-ja.mo

おかしな日本語があるかもしれませんので、あらかじめご了承願います。
また、WordPress2.2.3で確認したので、バージョンが違うと見れないかもしれません。
詳しくはプラグインで日本語化されないをご覧ください。

  タグ: ,

-スポンサーサイト-


コメント

コメントはございません。

コメントを投稿する

-スポンサーサイト-

HOME » WordPressカスタマイズ編 » プラグイン » データベースバックアッププラグイン「WP-DBManager 2.20」を設定する
Google