初めての方にもWordPressをわかりやすく説明

初心者向けワードプレス作成方法とネットビジネスネタのメモサイト

MovableTypeを凌ぐ無料ブログツールWordPressの基本操作、カスタマイズ方法、プラグインなどの情報を提供

WordPressで「AdSense-Deluxe WordPress Plugin」を設定する

2007-11-10

Google AdSenseのコードを挿入するプラグインです。

そのまま追加もできますが、設定すると一行で済み、投稿記事にも簡単に挿入することができます。

まず、AdSense-Deluxe WordPress Pluginの「Download URL: Download AdSense-Deluxe Plugin」をクリックしダウンロードし、ファイルを解凍します。

展開した「adsense-deluxe_wp_plugin_v0.8」を「wp-content / plugins」に転送します。
色々なファイルがありますが、必要なファイルは「adsense-deluxe.php」のみです。

転送したら、コントロール画面の「プラグイン」-「プラグイン」の「Adsense-Deluxe」を有効化します。

「各種設定」-「AdSense Deluxe」を開き、AdSenseコードを設定します。

WordPress「AdSense-Deluxe」

  • Name ・・・ 任意の名前(最初は「Make Default」にチェック)
  • AdSense Code ・・・ Google AdSenseで生成したコードをそのままコピー

記入したら「Add AdSense Block」をクリックすると完了です。
※Nameの最初は「<!–adsense–>」と表記されますが、「edit」を押すと登録した任意の名前が確認できます。

Google AdSenseを表示したい場所(index.php、sidebar.phpファイルなど)に下記命令文を挿入します。

<?php adsense_deluxe_ads(‘name’); ?>
※nameはAdSense Deluxeで設定した「Name」を挿入します。

また、投稿時にビジュアルエディタを使用する(「ユーザー」-「プロフィール」画面)のチェックを外すと、投稿記事、ページ画面で「AdSense Deluxe」を設定できるようになります。

WordPress「AdSense-Deluxe」

実際に挿入してみます。

  タグ: ,

-スポンサーサイト-


コメント

コメントを投稿する

-スポンサーサイト-

HOME » WordPressカスタマイズ編 » プラグイン » WordPressで「AdSense-Deluxe WordPress Plugin」を設定する
Google